焦らしから入るセックスの魅力

焦らしで感じる

セックスをする中で最も重要視されているのが「焦らし」です。男性は興奮すると頭の中が「射精したい!」という言葉で洗脳されているかのように射精に向かってガンガン腰を振り始めます。そのせいか、女性は満足のいく愛撫をされなくなってしまいます。しかし男性は射精をする事で快楽を感じて女性が満足していないという事に気づきません。そんなゴールに突き進んでいる男性には焦らしが効果抜群です。なので興奮してガンガン腰を振っている男性にはあまり腰を振らせないようにして女性の方からセックスではなくて愛撫をする事をお勧めします。また誰もが正常位や背後位など男性が腰を振り体位でセックスを楽しむかもしれませんが、ここでは騎乗位で男性を責めてください。また焦らされる事で自分も焦らされています。しかし、挿入という行為は気持ち良いモノですよね。しかし、そこで焦らしを入れる事でキスや愛撫などの刺激が増してくるので普段より感動や興奮すると思います。そんな大事な焦らしですが、やり過ぎは禁物です。あまりにも焦らしに時間をかけてしまうと男性は「挿入する気が無いなら帰れ!」と怒ってしまうかもしれません。そんな事にならないように、あくまでも「少し愛撫に時間をかける」程度でいいです。そこで焦らしといっても色々な方法がありますのでいくつか紹介します。まず最初に「キス」で焦らす方法です。キスというのは男性がリードするものです。しかしキスで唇が触れ合うか触れない瞬間というのは男性の興奮度が三倍違います。顔は近いのにキスはしないという事に我慢できず、唇が触れた時には普段以上にハードなキスになると思います。次に「徐々に服を脱ぐ」です。いきなり全部服を脱げば「やる気満々」と男性は思うので徐々に服を脱ぎ「早く全部脱げよ」と男性に思わせる事が大事です。このように焦らしをする事で男性を興奮させる事もできます。なので普段のセックスで違った刺激を求めるなら焦らしを入れて満足のいく夜を過ごしましょう。

お知らせ

刺激の強すぎないアダルト情報を配信しているサイトでなので女性の方でも楽しめます。
※当サイトはアダルト・風俗情報を含んでいるサイトなので18歳未満の方は閲覧できませんので 速やかにご退場ください。